近年、地球環境の大切さが声高に叫ばれるようになり、地球の温暖化現象・環境ホルモンの人体への悪影響など、将来危惧される深刻な問題が山積みしております。

これらは全て、自由と豊かさだけを追い求め、経済大国を自認し、その時代の都合を優先した価値観の代償であります。この問題を真摯に受け止め、次世代の子供達に本当の社会の姿を伝えていかなければならないという使命を私達は担っていると考えています。

戦後、社会の急速な進歩と発展の中で、働く環境と同時に生活環境も変化し、住まいに対する考え方も大きく変化しました。核家族化が進み、二世帯・三世帯同居の家が影を潜め、家族の結び付きが希薄になる中、子供達の成長に欠かせない道徳教育の場が失われ、社会保障費の負担増や老人の孤立化といった深刻な社会問題が新たに浮上しております。

大泉エンジニアリングは、そうした弊害を少しでも解消する為に、家族が寄り添い、楽しく生活を送り、信頼関係を育む場としての家を生活の基本として捉え、住まいのあるべき姿をこれまで追求し続けて参りました。

「家族がこだわりを持てる機能と意匠」「古き良き時代の思想」「状況に合わせて増改築が容易な在来軸組工法へのこだわり」
この3つの柱を守りつつ、時代に合った住まい作りに、私達は挑戦しております。

また、独立した設計事務所を設け、建築・電気・設備の企画立案、設計、施工、監理の一環体制を独自に整え、これまで事務所や工場のエンジニアリング業務で蓄積した技術を十分に活かすことで、お客様のご要望を技術で支援する体制作りを進めております。

自然環境を守り、耐久性と機能性を重視した人に優しい住まい作りの提案を皆様に行っておりますので、必ず多くの方々に満足して頂けるものを思います。

(株)大泉エンジニアリング
代表取締役会長 伊澤 重雄